上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG_0001men_convert_20090828182712.jpg
今年の夏は、例年に比べてかなり涼しかったですね。
とはいえ、冷たい素麺やうどん、冷やし中華の出番はいつもながら多かった(笑)
やっぱり夏は冷たいものが美味しい。
それになんといっても、暑い時はチャチャッと作ってしまいたいもの・・・。
(かなり涼しくなったけど、まだまだコトコト煮炊きする気にはなれません。)

そんな夏の台所で、今年大活躍してくれたのが飛魚のお塩

「お味見しよ~って」パカッとフタをあけたとき、その香りに讃岐うどんを連想しました。
カツオブシと煮干のダシで育った私には、とびうおのニオイと味は
四国や九州の味のイメージ。

試しにお湯でといていただいてみたら、これがびっくりするほど美味しい!
ミョウガやお麩を入れただけで、インスタントのお吸い物。
おうどんと油揚げをサッと茹でて、汁に入れて柚子胡椒をのせて食べれば
「大分うどん?」ってな味わいに・・・。
まあ、とにかく重宝いたしました。

そしてもうひとつ、舌が直結したのが魚醤の「ナンプラー」。
塩と飛魚の旨みがキュッと凝縮しているので、
エスニック風の麺に使ったら、きっと美味しいだろうな、とピンときたのです

今回は、日本のうどんとエスニック麺を、飛魚の塩が融合した
「インスタントにゅうめん」をご紹介します。
たった5分でチャチャッと出来ちゃいますが、見た目は豪華!!

最後に唐辛子塩をパラリとふると、一層美味です。
かなりアジアに近づきます♪
ぜひお試しあれ。


エスニックにゅうめん 1人分

【材料】
そうめん 1人分
豚シャブシォブ肉 適量
プチトマトまたはトマト 適量
三つ葉または万能ねぎ たっぷり

【作り方】
1.器に飛魚塩小さじ1/3としょうゆ少々、好みで砂糖ひとつまみを入れておく。

2.素麺をちょっと固めに茹でる。
茹で上がるちょっと前に、①に熱湯1.5カップを注いで混ぜて、ざるにあげた
素麺を入れる。鍋に豚肉を入れて白くなるまで火を通して、麺にのせる。

3.トマトとミツバをのせて、唐辛子塩をバラリとふりかける。
好みでレモン汁をギュ~ッと絞って食べます。

牛肉や海老で作っても美味。
おろし生姜をのせたりごま油をたらしてもいいし、もやしを入れるのもおすすめです。

料理研究家 Cafe Rico オーナー 重野 佐和子



今回使用した海士町素材

飛魚塩

飛魚塩

唐辛子塩
唐辛子塩


[注]
当ブログのレシピの著作権はふるさと海士に属します。
商業利用目的の無断使用は固くお断りします。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。