上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●マグロの香草パン粉焼き
P6198649.jpg

前回、取材のために予約のお電話をすると、「境港産のマグロが入りました」と小田川シェフ。

マグロ。

カンテサンスの岸田周三シェフがマグロを相手に悪戦苦闘している様子を『プロフェッショナル』で見たことがあります。フレンチでも禁じ手とされるマグロは、「刺身以上の食べ方が見つかっていない」と言われる手を加えるのがとても難しい食材。小田川シェフも「とても悩みました」とのこと。

果たして、どうなるのか?

出された一品がこちら。かなりレアな焼き加減で、周辺部がサクサク。中心部はお刺身のように生のテイスト。「シソ風味を意識しました」というお言葉通り、ハイビスカス塩の酸味が感じられる今までにないマグロの頂き方でした。

●マグロの香草パン粉焼き

【材料】
・マグロ(柵)
ハイビスカス塩 適量
・オリーブオイル 200cc
香草パン粉
・パン粉 50g(香草パン粉用)
・粉チーズ 50g
・パセリみじん切り 50g

【作り方】
1. マグロの水気をキッチンペーパーでよく拭き取り、
  ハイビスカス塩で下味をつける

2. 1.に香草パン粉をまんべんなくまぶす

3. フライパンにオリーブオイルを入れて中火にかけ、
  オリーブオイルが熱くなってきたら、2.を焼く

※たっぷりのオリーブオイルであげる感じ

4. 表面がきつね色になったら出来上がり

レシピ提供:イタリア料理 AL SOLE(島根・松江)
P4137091.jpg
http://matsue.mypl.net/shop/000000083115/

海士御塩司所 田中 浩司

【注】
当ブログのレシピの著作権はふるさと海士に属します。
商業利用目的の無断使用は固くお断りします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。