上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●アーリオ・オーリエ・エ・ペペロンチーノ
P.jpg
「本日のパスタは、アーリオ・オーリエ・エ・ペペロンチーノです」

思わず、「おぉ…!」と感嘆の声が出てしまいました。

それもそのはず、ペペロンチーノはオリーブオイル、鷹の爪、にんにくで作る極めてシンプルなパスタで、シンプルすぎるために美味しく作るのが難しいと言われるパスタだからです。

にんにくや鷹の爪の炒め具合にもいろいろあり、お店ごとに結構違いがでます。

ペペロンチーノと書いてあっても、他の具材がのってることもありますが、今回頂いたペペロンチーノは基本素材のみ。

野菜もベーコンも一切なし。

そして、ゆで汁には、Salann Oki

ここが重要です。

というのは、ゆで汁はパスタに塩気をつけるだけでなく、最後の仕上げにも使うからです。

確かペペロンチーノはグランドメニューにも載っていない一品。

これは否応なく頂くのが楽しみです!

●アーリオ・オーリエ・エ・ペペロンチーノ

【材料】
・スパゲティ 90g
・にんにく油 30cc(なければピュアオリーブオイル)
・にんにく 1片 (手のひらで軽く押しつぶす)
・たかの爪 1ヶ
・パセリ 適量
Salann Oki 適量

【作り方】
1. フライパンに、にんにく油とにんにくを入れ、弱火にかけ、にんにくがきつね色になるまで火にかける。 

2. にんにくがきつね色になったら、火からはずし、みじん切りにしたパセリと種を抜いたたかの爪を入れる。

3. スパゲティをゆでる。
※ゆで汁には、しっかりと塩を入れる。目安としてしょっぱすぎて飲めないお吸い物くらい。

4. 2.にゆで汁20ccと、ゆで上がったスパゲティを入れて和える。 

ちなみに、海士町ではオリーブオイル以外の材料が全部作られているので、島の素材だけで作れますよ。

レシピ提供:イタリア料理 AL SOLE(島根・松江)
P4137091.jpg
http://matsue.mypl.net/shop/000000083115/

海士御塩司所 田中 浩司

【注】
当ブログのレシピの著作権はふるさと海士に属します。
商業利用目的の無断使用は固くお断りします。
スポンサーサイト
カワハギのカツレツのお魚料理に続くお肉料理は、イベリコ豚。

イベリコ豚に唐辛子塩をふって

ローズマリーと一緒にオーブン焼きにされていて、アクセントに唐辛子塩が散らしてあります。
このようにパラパラとした感じでふってあると、舌が辛さで麻痺することもなく、適度な辛さと塩気を感じることができますね。

●ローズマリー×唐辛子塩

前にじゃがいものオーブン焼きをご紹介したように、この組み合わせはいろいろ使えそうです。

そして、初めて食べて以来はまっている「きのこと飛魚塩」の組み合わせ。今回はしいたけと生ハムにバルサミコが添えてありました。初めて頂いたときはしっかり焼いた奥出雲のまいたけで、潮凪牛のステーキの添え付けだったような気がしますが、まいたけの深みには驚きました。口にしたときに塩気とともになにかフレーバーを感じたのですが、まさか飛魚塩とは。気がつきませんでした。

●きのこ×飛魚塩×ガーリックオリーブオイル

の組み合わせで、美味しいきのこができますので、こちらも是非お試しください。

AL SOLE(島根・松江)
P4137091.jpg

海士御塩司所 田中 浩司

【注】
当ブログのレシピの著作権はふるさと海士に属します。
商業利用目的の無断使用は固くお断りします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。